バイク用品マニュアル

オススメの工事用品情報を配信中!

マスキングテープとは字のごとく、覆い隠すためのテープのことです。
通常よく使用されるのは塗装作業の際などに多く、必要箇所以外を汚さずきれいに仕上げるために使用します。
マスキングテープも種類が様々で、素材、粘着力、幅、色など、それぞれの状況にあわせて選択されます。
よく使用されるのが車の塗装です。最も好まれて使用されるのは、粘着力が弱く簡単にはがせるものです。

 

さてこのマスキングテープ、発明した人はアメリカのスリーエムカンパニーという会社の従業員、リチャード・ドリューという人物。
ドリューは自動車塗装工たちが塗装作業をする時、塗装する箇所以外のところが汚れないように貼り付けていた紙を、作業終了後剥がす際、自動車の塗装も一緒に剥がれてしまう状態を目にしました。
そこで自動車塗装工たちはどうしていたかというと、なんとまた塗装し直していたんです。
それでドリューは、このままこの状態を続けていたらコストがかさんでしまうと思ったんですね。
それから彼は研究を始めました。そして研究の甲斐あり、1925年に世の中にこのマスキングテープを紹介する事が出来たのです。

 

このマスキングテープのおかげで、その後コスト削減は成功し、塗装工たちも塗り直しなんて無駄な作業をすることも減ったということです。
90年近く経った現在でも、多くのマスキングテープが使用されています。車産業などの塗装作業を必要とする世界では、マスキングテープは正に大発明であったといえます。

 

自動車整備などに欠かせないのは工具のひとつに、針金や銅線などを切ることができるニッパーがあります。
ニッパーは刃の種類が3つにわけられます。
家庭にもよくある工具ですので、使用方法は割とみなさんご存じな方が多いかと思います。
しかしきちんと使用方法に沿って使わないと、思わぬアクシデントが起きたりしますので、十分注意して使用するように心がけましょう。

 

ニッパーは銅線や鉄線を切断する工具です。ですので、それ以外の目的での使用は絶対やってはいけません。
もしニッパーの選び方を間違えて使用したりすると、すぐに刃は傷ついてしまい、ニッパーとしての機能はなくなってしまします。
刃は意外ともろいものなのです。
ですから、沢山ある種類の中から、目的に合ったものを選択し使うようにしましょう。

 

またペンチでも線は切ることができるのに、なぜニッパーが必要なのかと疑問に思いませんか。
それはニッパーとペンチでは、その線の切れ方が違うのです。
例えばペンチで線を切断すると、先がとがったように切れますが、ニッパーで切断した場合、平らに切れるのです。
ですので、それぞれの性能をよく把握して、作業の役に立てましょう。


 
 
 




エアコンクリーニング 神奈川
エアコンクリーニング 神奈川
URL:http://www.aircon-clean.jp/kanagawa-eria.html



バイク用品マニュアルブログ:20150731
シェイプアップしようと考える方は少なくないようですが、
同時にシェイプアップに挫折してしまう人も多いようです。

シェイプアップしようという意思があっても、
できないのには、もちろん理由があります。

おそらく早く結果を出そうという
意識が強すぎるのではないでしょうか?

シェイプアップというのは、
食べる事制限があったり、体操をしなければならないとか、
結構つらいことが伴うものです。

だからシェイプアップは、できるだけ早く
終了したいという意識が働くのでしょう。

すると、
かなり過激なシェイプアップをしなくてはならなくなります。
極端に食べる事制限してしまうとか、過激な体操をするとか…

かく言うわたくしも一度、
シェイプアップで失敗してしまった経験があります。
わたくしの場合も、早くやせようという意識が強かったように思えます。

例えば、
今まで結構な食べる事の量をとっていたにもかかわらず、
かなり食べる量を減らしました。

またシェイプアップには体操だ!ということで、
ジョギングを始めました。

いきなり10kmぐらいは走ったでしょうか…
普段から体操をやっている人なら
それほどきついシェイプアップメニューではないかもしれません。

ところがわたくしは、
今まで体操をほとんどやったことがありませんでした。

体にかなりの負担をかけていたのでしょうね。

今まで、貧血で倒れるという経験はありませんでしたが…
ところがちょっとしたことで
フラッとくるようになってしまったのです。

そこからのペースを
ゆっくりシェイプアップするようにしました。
そのときのわたくしは、ちょっと無理をしていたようです。

わたくしのケースだけかもわかりませんが、
いきなりアクセルを目いっぱい踏むというのは
ちょっと危険かもしれませんよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ
バイク用品マニュアル モバイルはこちら